消えた錬金術師

Amazon UKのカスタマー・レビュー


● おもしろくって途中でやめられない! ★★★★★(★5つ)

たった今、これを読み終えたとこ。ダ・ヴィンチ・コードみたいな冒険物が好きなら、この本はホントにおもしろいよ。僕の意見では、スティーブ・ベリーの『テンプル騎士団の伝説』よりいいと思うよ。

流れの速いアクションと、現実味のある登場人物、ミステリー、古い写本の解読、暗号、美術品、殺人、策略、苦悩、歴史的な要素、ゆっくりと燃え上がるロマンス、などなど。

僕はこれほど速く本を読んだことはないよ。おもしろくって、興奮するし、とっても楽しかったから、途中でやめられないんだよ。この本を強くお勧めするよ。


● この本は当たり ★★★★★(★5つ)

私はいつも、ミネット・ウォルター、ヴァル・マックダーミッド、ニッチ・フレンチなどのサイコ・スリラーの作家のものを好んでいます。スコット・マリアーニのことは知らなかったので、この本を買ったのは偶然です。でも、この作家は動きの速いストーリーをうまく描いていると思います。読み始めると途中で本を閉じることができませんでした。登場人物にはリアリティがあって、行方不明になったフルカネルリの写本の捜索には興味がそそられました。また、ベンがある悲痛な経験をした後で、誘拐された子どもを救うために命をかけて取り組む姿にはとても感動しました。スコットの次の作品が待ち切れないです。


● ただただ素晴らしい! ★★★★☆(★4つ)

ウァーオ!たった今、このハイ・テンポなトレジャー・ハンティングの推理小説を読み終わったところ。とっても感動したよ。

もし、ヒマな日が一日あったら、セクシーでリアリティのある主人公の、アクション満載なこの本を読むとおもしろいと思うよ。―読んでみて―


● おもしろいし、よく書けている ★★★★☆(★4つ)

スコット・マリアーニの『錬金術師の秘密』は手に汗握る、よく書けた推理小説です。

しっかり練られた構想とアクションがすばやいテンポで展開していきます。この本は映画のようにシーンやアクションを心に描きやすいのです。ベンがトライアンフのバイクで田舎を突っ走っていくシーンなど、著者が本当に愛するものを引き出そうとしているのが読者にもわかるシーンがあります。

この本には魅力的な登場人物が何人かいます。

ベンは傷ついた愛すべきヒーローです。彼には痛々しい過去があって、仕事と酒で紛らわそうとしています。

私の好きな登場人物は、ベンとロベルタを追い回すフランスの警察官、リュック・サイモンです。彼のずるさ、ギラギラした緑の瞳、それに賢さが、まるで実際に生きている人物であるかのような明るい性格を作りだしています。

ベンを助けた、ある村のパスカル司祭は、重要な登場人物ではありませんが、そのキャラクターはよく描かれています。

全体として、期待していたよりもずっとおもしろかったです。とてもよく書かれているし、ワクワクするし、歴史的な実話も盛り込まれていて興味深かったです。

ベン・ホープの次の小説を楽しみにしています。


● 手に汗握る小説 ★★★★★(★5つ)

一気に読める、おもしろい、テンポの速い推理小説である。まさに、これは途中でやめられなくなる本だ。登場人物は個性的でリアリティがある。心に傷を負ったたいへん魅力的で興味深いヒーロー、ベン・ホープに次の小説で会えるのを楽しみにしている。


● 驚くほどすごい! ★★★★☆(★4つ)

信じられないほど、よかった。以前にスコット・マリアーニの本を読んだことはないが、この本を読んでから他の本も買った。はまるのが楽しみだ。主人公が自らの過去に苦しみ、どうやってその状況に立ち向かっているかを知るようになる。Chris Kuzneskiの小説のように、登場人物に引き込まれていく。


● すばらしい! ★★★★★(★5つ)

私はサウジにいて、することもなく、読む本も持っていませんでした。Al Khobarで遅くまで開いている本屋を見つけました。中をぶらぶらして、おもしろそうな本 ―The Alchemisit’s Secretを見つけました。それを部屋に持ち帰って、夜10時30分に読み始め、読み終わったときは午前4時30分でした。そのくらいこの本はよかったんです。警告しておきます―翌朝、大事な会議があるなら、読み始めない方がいいでしょう。


● Alchemist’s Secretはどこまでも五つ星 ★★★★★(★5つ)

またひとつ、最後までハイ・ペースなスリラーが登場した。マリアーニの作品はいつも途中で本を置けなくなる、現実性のあるストーリーを提供してくれる。彼の文体は五つ星級。マリアーニの本を全部読んでしまったので、新しい本が出版されるのが待ち遠しい。しっかりした物語構成は、気になる登場人物によって、支えられている。最高!


● 見つけもの! ★★★★☆(★4つ)

次に何を読もうか悩んでいたとき、偶然見つけたのがこの作者。見つけものだったよ。ダン・ブラウンとの類似性は払拭できないけど、ダン・ブラウンが気に入った人に、スコット・マリアーニはぜひぜひお勧めしたいね。


● べらぼうに楽しい本 ★★★★★(★5つ)

まったくの偶然から、Mozart Conspiracyを読み始めて、こんな才能あふれる作者に出会えてうれしく思っています。主人公のベン・ホープは元特殊部隊の隊員で、今は、その優れた才能を活かし、雇われて誘拐された人、特に子どもを捜し出す仕事をしている。今、他のベン・ホープ・シリーズを読んでいますが、そのうちのどれにもがっかりさせられることはありません。The Alchemist’s Secretはシリーズ最初の本で、本当にどんどんページが進みます。ベンは、死にかけている子どものために、存在しそうもないフルカネリの不老不死の薬を見つける任務を受けます。アクションは激しく、入念な作りになっています。スコット・マリアーニはダン・ブラウンに匹敵します。私は来年出版される次の本が待ち切れません。


● 最高の読み物 ★★★★★(★5つ)

他の作者のものも試してみようと思い、ついに行きついたのが、スコット・マリアーニのこの本。本当に面白い本で、途中で本を下ろせなくなる。テーマはありふれているかもしれないが、主人公のベン・ホープは違うね。僕はスコットの他の本も読むと思うよ。


● よい本 ★★★★★(★5つ)

最近スコット・マリアーニに出会ったばかりだけど、彼の作品は最高だね。いい仕事を続けてくれよ!


● やみつきになる本! ★★★★★(★5つ)

これは、ほんとに途中でやめられなくなる、ほんとにすごいスリラーだ。アクション・スリラーにしては、文章もすばらしい。特に、登場人物が優れていて、展開がうまく、バラエティーに富んでいる。アクションが止まることはなく、ときどき吐き気を催すような暴力シーンもあるが、それでも読むのをやめることはできない。メイン・キャラクターのベン・ホープと、彼が心のなかの悪魔と戦う様子は壮絶だ。最初に多くを明かしていないので、“錬金術師の秘密”探しは最初、ミッションらしくは見えず、この先どうなるのだろうという疑問を抱かせるが、最後に大きなひねりがあり、読者をはらはらさせる。

マリアーニは、このテーマをよく調べたに違いない。プロットには絶好のロケーションが選ばれている。ダン・ブラウンよりハードで、しかもバイオレンスだ。サム・ボーンと比べると、テンポも速いし、複雑で、よく書けているが、この二人の作者とは類似性がある。これはほんとにすごい本で、誰にとっても何か得るものがあると思う。この本を称賛してもしきれないし、当分の間、この本はこれまで読んだなかで最高の本になっていると思う。


● おもしろい読み物 ★★★★★(★5つ)

特に期待していたわけじゃないけど、ほんとにおもしろかった。各章が短くって、テンポが速いし、ストーリーは最後まで奇想天外な展開を繰り返す。宗教、暗号、暗殺、埋もれた宝なんてテーマが好きなら、この本は楽しめると思うよ。まったくもって信じられない話で、まったくもって夢中になってしまう。


● The Alchemist’s Secret ★★★★★(★5つ)

この作者の本はこれが初めてだけど、とってもおもしろかった。よく書けているし、サスペンスに満ちているし、最後には泣けてくる。


● ただただ、すばらしい ★★★★★(★5つ)

最近また読み返しました。2回目はもっとおもしろかったと言わなくてはなりません。スリラーを2回も読むなんてめったにできないことだし、最初より楽しめるなんてあり得ることじゃないです。


● アップテンポなエンターテインメント ★★★★☆(★4つ)

驚いたことに、すっかりはまってしまい、途中で本を置くことができませんでした。これはペースの速いアクション・スリラーで、いずれベン・ホープをシネマ・スクリーンで見ることになっても、驚かないでしょう。ダン・ブラウンやウィル・スミスなどのファンなら、この本は楽しめるでしょう。


● 引きつけられるストーリー ★★★★★(★5つ)

ベン・ホープはまったく新しいタイプのヒーローだ。
一級品の小説で、ベン・ホープがますます好きになる。