地球文字探険家 浅葉克己ディレクション。
「祈りの痕跡。」展

「誰が最初に痕をつけたのか」。それは、アートディレクター、浅葉克己の脳裏につねに存在する問いかけであり、本展の出発点です。5000年前、粘土板に楔形の“しるし”を刻みつけたのが文字の誕生と言われています。その瞬間から考えや感情、人間の情熱や才能、芸術や科学は永遠の命を約束されました。文字ほど人類に大きな影響を与えた発明はありません。

2008年夏、21_21 DESIGN SIGHTにその痕跡を集め、多彩な参加作家の協力のもとに、会場を文字で埋めつくします。


期  間 2008.7.19 (土) → 9.23 (火)
11:00 - 20:00 ( 入場は19:30まで )
※休館日 火曜日(9月23日は開館)
会  場 21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
URL:http://www.2121designsight.jp
入場料:一般1,000円 大学生800円、中高生500円、小学生以下無料(税込み)
※15名以上は各料金から200円割引
主  催 21_21 DESIGN SIGHT、財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後  援 東京都、渋谷区、港区、東京アートディレクターズクラブ、
NPO 法人 東京タイプディレクターズクラブ、
社団法人 日本グラフィックデザイナー協会
協  賛 アルジョウィギンス株式会社、和建設株式会社、株式会社クールアース、
株式会社 コム・プロジェクト、MOLZA株式会社
協  力 株式会社 MGS 照明設計事務所、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、
トリ・パイン トレーディング株式会社、マックスレイ株式会社、
株式会社 山田写真製版所
出展作家 浅葉克己、マシュー・カーター、服部一成、石川直樹、木田安彦、神前弘
李 禹煥、アンドレアス・ミュラー、ブロディ・ノイエンシュヴァンダー、
大嶺實清、杉浦康平、鈴木薫、内田繁(アルファベット順)
制作協力 阿辻哲次、楠田枝里子、吉村作治
会場デザイン 内田繁
照明デザイン 藤本晴美
コピーライティング 眞木準

関連イベント

オープニング・リレートーク「『祈りの痕跡。』プロダクションノート」
7月20日(日)14:00―15:30 出演 浅葉克己、大嶺實清、服部一成、石川直樹
会場 21_21 DESIGN SIGHT 参加費 無料(但し、当日の入場券が必要です。)

スペシャルトーク「動く文字、定める文字」
8月3日(日)14:00―15:30 出演 浅葉克己、松岡正剛
会場 東京ミッドタウン・ホール

ワークショップ「浅葉克己のウキウキ トンパお習字教室」
8月23日(土)13:00―17:00 定員50名 参加費 500円(別途、当日の入場券が必要です。)
会場 21_21 DESIGN SIGHT